月別アーカイブ: 2015年5月

睾丸の炎症の真の痛み

睾丸が炎症していることのはじまりは偶然に気づくことが多いのです。たとえば、息子が激しい勢いでパパの膝に飛び乗ったというようなことです。
父親は睾丸のあたりを打ったので痛むのだと思ったりします。ですが、多くの場合は副睾丸の炎症が痛みの真の原因なのです。
もちろん活発な息子がいなくても気付くことはあります。感染にともなって陰嚢が腫れることもあるし40度もの高熱がでることもあります。
クラミジア菌などのバクテリアの感染が炎症の原因になったりもします。これらの細菌は、前立腺のあたりから輸精管、場合のよってはリンパ管を通じて副睾丸に広がっていきます。深刻な症状だと睾丸そのものも感染します。
その病気の治療はかなり簡単です。まず患者に必要なのは安静です。
医師は、陰嚢を腹のほうに引き上げられた状態にします。
陰嚢の下に氷片を巻きつけて冷やすと同時に、抗生物質と鎮静剤を処方します。治療が適切なら、急性症状は数日後にはなくなります。
しかし、腫れが完全に引くまでにはなお数週間が必要です。
副睾丸炎というのはいつも急性です。
しかし、場合によっては炎症が慢性化することもあります。慢性化すると、睾丸を包んでいる二種の被膜層の間でおこなわれる液体の生産と吸収が妨げられることになります。
そうすると、そのあたりに水っぽい黄色い液体が貯まり、睾丸は風船のようにふくらんでいます。
これは陰嚢水腫と呼ばれる病気です。
これを治療するには手術するしかありません。
副睾丸の頭部に、別種の腫物ができることがあります。この嚢胞は白い液体を含んでいて、大きさはソラマメからオレンジぐらいまでいろいろです。手術で除去するのが唯一の解決法です。

陰嚢の機能と縮小

自然は、まず陰嚢をきれいに縫い合わせて、それから外にぶらさげました。この大切な繁殖のためための袋をね。
この陰嚢は傷つきやすく、股のあいだでぶらぶらしているところはいささか滑稽です。私の見るところでは、美と優雅の権化とはいえませんが、多くの男性と同じように、私はこれを宝石を詰めた袋のように扱っています。そのなかにはダイヤモンドが二個しか入ってないけど、手を触れてはいけない植物のように扱っています。その中にはダイヤモンドが2個しか入っていないけど、手を触れてはいけない植物のように大事にしています。
陰嚢とその中身がどれだけ大切なものかは、サッカーの時に、審判がフリーキックをあたえるたびに、はっきり目で確かめることができます。
ディフェンス側は整列した並びますが、そのときはひと目をかまわず、両手で自分の大事な部分をかばいます。
ボールが自分のセックスに命中するぐらいなら、まだゴールの網に入るほうがいいからです。
こうやっているうちに、私の陰嚢が縮んでくるのを感じました。陰嚢はかつて往来で悪ガキに膝蹴りをくらって数分間失神したたった1回の体験を二度と思い出したくないのです。
若い成人男性で陰嚢の片側が急激に傷みだすのは、事実、睾丸が回転すること(睾丸捻転)が原因です。この場合には速やかに手術する必要があります。しかし、成人では、副睾丸の炎症というケースのほうが多いのです。

クーパー腺と男性のペニス興奮

言い残しがないように次の事を補っておきます。前立腺の手術をしたあとでも、なおも前液が製造されることがあります。
この現象は前立腺の下部の二本の細い腺、クーパー腺と関係があります。このクーパー腺が、興奮したときにでてくる前液を生産するのです。
男性ってものはそう簡単に干あがったりはしないのです。
前液というのは、おとなしく渋滞で立ち往生しているときとか、書斎で机に向かっているときに、前液が出ることもあります。勃起の気配すらなかったのです。これはどんな病気なのでしょうか。
それは、「純潔病」というのです。筋肉が収縮を起こして前液を出すのに、男性によっては視覚的または空想の性的刺激があるだけで十分であることがわかっています。勃起がなくてもよいです。
尿道から膿の混じった液体が排出されたら、これはたいへんなことです。だってそれは尿道の炎症があるってことだからです。
性病は空想だけではかからないのです。どういう性遍歴をしているかよくわからない女性との性的接触によって感染するのです。
ペニスから膿状の液体がでたら、すぐに医者を訪ねることです。性病かどうか調べてくれる。性病だったら薬を処方してくれます。
男性は優しい人のいる家のベルを鳴らします。手に大きな花束をかかえ、あなたの胸は期待に高鳴っています。彼女がドアを開け、興奮が男性の筋肉を弛緩させ、花束は彼女の手に達する前に地面に落ちます。
彼女にそんなに苦労させたくないのなら、手に花束をもったまま、コントロールの訓練を続ける理由が十分あると思います。
あなたのペニスだってまんざら捨てたものじゃないですね。

性的コントロールのメカニズム

次に、訓練を積んで進歩した男のペニスを、ヴァギナに挿入することにとりかかります。慎重にやってもらいたいです。急ぐのは禁物です。
最初はあまり激しく動かさないで、静かに進めていくのがいいです。
この段階では、男性があおむけになって、女性が彼に騎乗する形がいちばんやりやすいだろう。
そして、忘れてはいけないのが、どうやらもうとめられなくなる段階の寸前にきたと感じたらすぐそのたびにかならず中断することです。
男性がこのアドバイスを実行に移して、自分の性的コントロールのメカニズムをすこしでも改良する勇気があるのならまず訓練です。
しかし、幻滅に終わったとしてもがっかりしてはいけません。
特に、ヴァギナでの訓練のはじめの段階には、制御できない射精の不意討ちに何度も襲われるでしょう。でもそんな事でショックを受けてはいけません。
なにがしかの訓練は必要ですが、目的を設定したトレーニングなら、それだけ多く報われます。というより長さという報酬があると言った方がよいですね。
ところで、まずまず満足にコントロールできるようになると、また意識して早く射精してみたくなることもあるはずです。これも訓練の段階といえるでしょう。
また、この訓練では特定の薬物の助けを借りるのもいいです。
早漏の原因は、シナプスという神経細胞の接合部のなかにあるセロトニン、血管収縮性物質のとりこみのコントロールが不足していることです。ところが、特定の物質が神経索に入ると、神経の衝動が抑制されるために、ある程度ブレーキがかかるようになります。

自分の手でペニスを刺激する訓練

自分の手で、ペニスまたは自分の勘所を刺激するところからはじめます。自分の経験から、この刺激をどのくらい続けるとたまらず精液を放出する段階に移るのかがわかったいるはずです。
このときに大切なのは、性感帯をゆっくりと、はじめは用心して刺激して、まもなく射精をとめられなくなると感じたら、その瞬間に刺激をやめることです。それでフラストレーションになるかもしれませんが、全然そんなことはありません。性的興奮がおさまったら、すぐにまた性感帯を刺激すればいいんですからね。こうやって訓練を続行して、射精で終わらせるのも中断にするのも、どちらでもよいのです。
何度も刺激し、中断し、またあらたに刺激することをしていると、刺激と射精と時間的な間隔は長くなっていくはずです。
この反復練習を実行していけば、自分の射精のコントロール能力はそれとわかるほど増していきます。
この訓練をある程度マスターしたら、パートナーに頼んで協力してもらうことです。
これまでは自分でやっていた刺激と中断を、彼女に引き受けてもらってもいいです。刺激しておいて、中断するする時は亀頭をぎゅっと握れば、刺激の効果を弱めることができます。
この握りの方法を二人でトレーニングすれば、精液の放出のコントロールはどんな場合も例外なしといってもいいほど改善されます。
少なくとも、ヴァギナにペニスを挿入していないときのコントロールについては絶対です。

骨盤底筋を鍛える意味とは

これも最上の選択とはいえません。愛の行為の最中にほかのことを考えるようにするだって?そんなことは、どんな男性にも勧められません。性行為で一体となるのは、最高の瞬間にライン河の水位のことを思い浮かべるためのはずがないのです。
まあ試すといいでしょう。そんなことをしたら、まさに正反対の結果しか生まれないだろう。結局なんといっても、愛とは、愛する人を対象にするものだからです。そうじゃないとでも言うのでしょうか?
それくらいなら反対のことを勧めたいですね。つまり、行為していることに集中するのです。骨盤の筋肉のことを考えることです。その意味を説明しましょう。
私が今言った筋肉とは骨盤底筋のことなんですが、この筋肉は放屁をしないために使われるのです。
こう聞けば、この筋肉の訓練の方向があなたにも見えるでしょう。
筋肉のすばらしいとことは、トレーニングできることです。この筋肉は肛門の直前で収縮します。この運動は肛門の前面で感じられますが、それがペニスにも少し伝わってきます。
訓練するのに性的な刺激はまったく必要ありません。ましてや性的な接触もいりません。それでも骨盤底筋の訓練は、コントロールの働きをよくするのにおおいに役立ちます。
それと、もうとめられない精液放出の時点まで反射作用の時間を延ばす訓練も必要です。なぜなら、まさにそこが問題なのですから。
「今すぐにでも喜んで相手を務めてくれる女性とその訓練をはじめろというのでしょうか」と尋ねてきそうです。
しかし、さしあたってはこの反射作用の訓練は一人でやるのが一番よいのです。

ペニスに麻痺軟膏を塗る

射精のコントロールにむらがあって、ときには上手くいくが、ときには失敗するという人もいます。男性が女性の膣にペニスを挿入に移る直前の興奮の度合いとも関係があります。強い興奮は早漏を招きやすく、興奮が少なければ反対に精液の放出が遅くなります。
人によってはケースによってさまざまな失敗のケースがありますが、いずれにせよ解決の可能性という問題は、つまり射精をもっとうまくコントロールできないかという問題は、性的な協力関係や性的な感覚について、パートナーの一方もしくは両方が「良くない」「不完全だ」と感じるといった厄介な問題が生じた場合、当然なのです。
世の中の多くの男性と私は同じ意見でしょう。よし、ではですね、私にいくつかのアイデアがありますのでご紹介します。
ただし、そうするのは、あなたに早漏のことをすぐに忘れてもらうためです。だって、どれも効果はなさそうだし、場合によっては、的外れだったりするかもしれません。
有名な方法があります。ペニスに麻痺軟膏または麻痺ゼラチンを擦りこむやり方です。
この方法は粘膜と皮膚の感受性を鈍くしますが、それは表面上のことだけで、有益な効果などはまるでありません。
すぐに一切のものを麻痺させることはもちろんできるのですが、男性が眠り込んでしまったペニスに満足をおぼえたことなど、いまだかつてあたったためしはありません。
だったらいっそのこと、心理学者か心理療法家のアドバイスを受けたほうがいいのだろうか。

射精のコントロール

心理分析学者は、早すぎる射精をノイローゼと結びつけたがる傾向があります。射精をコントロールできない男性は、少年の発育期あるいは成人になってから、女性一般、とくにパートナーと深刻な問題をもった可能性があるはずだというのです。こういったたぐいの発言に反駁するのは難しいのです。
しかし、今日にいたるまで心理療法が射精のコントロールに効果をあげたという例はほとんどありません。少なくとも疑わしい療法だとはいえるでしょう。
人間関係の問題が、性交渉の最終段階をコントロールする能力に原因の一つとして働いているという説を排除するつもりは毛頭ありません。
しかし、確実だといえる成果をすべて考えに入れても、この分野ではわからないことが多すぎると告白せざるをえません。本当の原因はまだつきとめられていません。
それでも近年になって、社会的な行動様式と性的な行動様式の接点になりそうな注目すべき現象が見つかっているのです。自分の専門分野で業績をあげることに非常に熱心で、しかも敏速正確な男性は、性行動ではしばしば早く発射するタイプが多いのです。しかし、私はそれを一般原則にするつもりはありません。
射精のコントロールはしばしば環境とも関係があります。ある男性が女性の膣にペニスを挿入するときは射精をコントロールできませんが、マスターベーションあるいはパートナーが口で刺激をあたえてくれるときはコントロールできるというケースはよくあることです。

男性の早すぎる精液の放出

しかし、この件に関しては、頑固で誤った見解がまだ根強くあります。実は、多くの女性はヴァギナの接触ではまったくオルガスムスをおぼえず、もっぱらクリトリスの性激で頂点に到達するのです。自分の性行為の能力を評価するとき、パートナーのヴァギナのオルガスムスで判断する男性はまちがったカードを使っていることになります。
また多くの男性は、半時間もの間、性行為をしても女性がまだオルガスムスに達しないと、自分が早すぎると思いがちですが、これも誤解の一つです。総括すると、男性の射精にはそれそれ特徴があります。早すぎる者もいるし、ヴァギナに挿入して激しく動かしても何十分ももちこたえる者もいます。オルガスムスに一時間から一時間半を必要とする男性もいます。
なによりもまず言いたいのが、私の意見では男性が射精に至る過程を検討することは、原則的には健全で正しいことです。ただし条件つきです。
その場合に、接続時間は重要な問題ではなく、男女の関係、そして女性の快感が大切なのだということを心得ておくことです。
女性についていえば、一般論としてしてはヴァギナへの挿入が長ければ、オルガスムスによる解決がなくてもよしとするのです。男性の早すぎる精液放出がパートナー相互にとってうれしくない体験になるのは当然のことです。
ただ、射精のコントロール能力が不足する原因は、一つでなくてもいくつもあるかもしれませんが、ほとんど解明されていません。

2分で射精する男の価値

ペニスが頂点に達するまでにきわめて長時間の刺激を要するというのは、相手の女性にこの地上で天国を味わわせるために必要でもなんでもありません。これは遅漏といいます。
ここでちょっとストップして限定、限定をつけておくにがよさそうです。射精という問題については、あまりにも窮屈な定義や概念で縛り付けてしまうのは賢明ではないと思うからです。
すべては文化的に強く規定されているのです。だからたとえば、女性がいろいろな点で男性より劣った存在とみなされる社会では、精液の早すぎる放出は、病理的なものとか、不快なものと受け止められることはありません。こうした社会的風土のなかでは、男性にとって重要なのは、短時間で最大の快楽を味わうことなんです。そのときに女性のほうがどう感じるかなんてことは無視されます。クリトリス切除といった処置で女性の性感覚をあらかじめ奪っておくことが、いくつかの社会で習慣になっていますがそうでない場合ですら、女性の快楽は問題にされないです。質問を受けた女性の75%は性交のはじめの2分以内で射精されてしまうことが判明しています。もっとも、この時代にはまだ性科学が問題にされなかったのです。とはいってもたいした昔ではありません。
ところが、多くの文化圏で変化があらわれました。異性同士の性交渉では男性が膣を通じての性交によって女性をどれだけ満足させたかで評価されるというふうに変わってきました。