男性の早すぎる精液の放出

しかし、この件に関しては、頑固で誤った見解がまだ根強くあります。実は、多くの女性はヴァギナの接触ではまったくオルガスムスをおぼえず、もっぱらクリトリスの性激で頂点に到達するのです。自分の性行為の能力を評価するとき、パートナーのヴァギナのオルガスムスで判断する男性はまちがったカードを使っていることになります。
また多くの男性は、半時間もの間、性行為をしても女性がまだオルガスムスに達しないと、自分が早すぎると思いがちですが、これも誤解の一つです。総括すると、男性の射精にはそれそれ特徴があります。早すぎる者もいるし、ヴァギナに挿入して激しく動かしても何十分ももちこたえる者もいます。オルガスムスに一時間から一時間半を必要とする男性もいます。
なによりもまず言いたいのが、私の意見では男性が射精に至る過程を検討することは、原則的には健全で正しいことです。ただし条件つきです。
その場合に、接続時間は重要な問題ではなく、男女の関係、そして女性の快感が大切なのだということを心得ておくことです。
女性についていえば、一般論としてしてはヴァギナへの挿入が長ければ、オルガスムスによる解決がなくてもよしとするのです。男性の早すぎる精液放出がパートナー相互にとってうれしくない体験になるのは当然のことです。
ただ、射精のコントロール能力が不足する原因は、一つでなくてもいくつもあるかもしれませんが、ほとんど解明されていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です