ペニスに麻痺軟膏を塗る

射精のコントロールにむらがあって、ときには上手くいくが、ときには失敗するという人もいます。男性が女性の膣にペニスを挿入に移る直前の興奮の度合いとも関係があります。強い興奮は早漏を招きやすく、興奮が少なければ反対に精液の放出が遅くなります。
人によってはケースによってさまざまな失敗のケースがありますが、いずれにせよ解決の可能性という問題は、つまり射精をもっとうまくコントロールできないかという問題は、性的な協力関係や性的な感覚について、パートナーの一方もしくは両方が「良くない」「不完全だ」と感じるといった厄介な問題が生じた場合、当然なのです。
世の中の多くの男性と私は同じ意見でしょう。よし、ではですね、私にいくつかのアイデアがありますのでご紹介します。
ただし、そうするのは、あなたに早漏のことをすぐに忘れてもらうためです。だって、どれも効果はなさそうだし、場合によっては、的外れだったりするかもしれません。
有名な方法があります。ペニスに麻痺軟膏または麻痺ゼラチンを擦りこむやり方です。
この方法は粘膜と皮膚の感受性を鈍くしますが、それは表面上のことだけで、有益な効果などはまるでありません。
すぐに一切のものを麻痺させることはもちろんできるのですが、男性が眠り込んでしまったペニスに満足をおぼえたことなど、いまだかつてあたったためしはありません。
だったらいっそのこと、心理学者か心理療法家のアドバイスを受けたほうがいいのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です