骨盤底筋を鍛える意味とは

これも最上の選択とはいえません。愛の行為の最中にほかのことを考えるようにするだって?そんなことは、どんな男性にも勧められません。性行為で一体となるのは、最高の瞬間にライン河の水位のことを思い浮かべるためのはずがないのです。
まあ試すといいでしょう。そんなことをしたら、まさに正反対の結果しか生まれないだろう。結局なんといっても、愛とは、愛する人を対象にするものだからです。そうじゃないとでも言うのでしょうか?
それくらいなら反対のことを勧めたいですね。つまり、行為していることに集中するのです。骨盤の筋肉のことを考えることです。その意味を説明しましょう。
私が今言った筋肉とは骨盤底筋のことなんですが、この筋肉は放屁をしないために使われるのです。
こう聞けば、この筋肉の訓練の方向があなたにも見えるでしょう。
筋肉のすばらしいとことは、トレーニングできることです。この筋肉は肛門の直前で収縮します。この運動は肛門の前面で感じられますが、それがペニスにも少し伝わってきます。
訓練するのに性的な刺激はまったく必要ありません。ましてや性的な接触もいりません。それでも骨盤底筋の訓練は、コントロールの働きをよくするのにおおいに役立ちます。
それと、もうとめられない精液放出の時点まで反射作用の時間を延ばす訓練も必要です。なぜなら、まさにそこが問題なのですから。
「今すぐにでも喜んで相手を務めてくれる女性とその訓練をはじめろというのでしょうか」と尋ねてきそうです。
しかし、さしあたってはこの反射作用の訓練は一人でやるのが一番よいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です